「niceone(ナイスワン)」では会えない!悪質サクラ詐欺アプリに注意だ!

アプリ評価

「niceone(ナイスワン)」というアプリを使って実際に会えるのかどうかを検証した結果、全く会えないサクラアプリだということが判明した。
使っても会えないどころか時間と金の無駄になってしまう危険性がある。
「niceone(ナイスワン)」がどんな悪質アプリだったのか、その実態を公開する。

「niceone(ナイスワン)」の検証結果

「niceone(ナイスワン)」の基本情報

niceone(ナイスワン)アイコン
アプリ名(ストア表記)

niceone(ナイスワン)バラエティSNSアプリ

niceone(ナイスワン)イメージniceone(ナイスワン)イメージniceone(ナイスワン)イメージniceone(ナイスワン)イメージ

好きな話題で盛り上がったり、好きな趣味の話をしたり、好きな食べ物のレシピを共有したりいろいろな好きが集まるバラエティSNSアプリ「niceone(ナイスワン)」がついにリリース!

niceoneではいろいろな目的の人たちが多くの集まることで趣味・趣向が合う友達を探したり、新しいコミュニティーでの出会いに「いいね」をしてみませんか

お問い合わせ
ご意見・ご要望は下記メールアドレスまでご連絡ください。
info@niceone.life
niceone(ナイスワン)スタッフ宛

さくら(業者)しかいない最低なアプリ。 本気で出会いを求める人には不向きなアプリ。 「会います」「画像見せてくれたら会います」「私は外見で判断しない」と言っておきながら、実際には待ち合わせ場所に来ない。 さくら(業者)か見分ける方法としては、「待ち合わせ場所に着いたら、自撮り写メを送って」と頼み、それを拒否する人は、確実にさくら(業者)であると判断していいと思います。

写真で綺麗な人でログインした瞬間にメッセージ送ってくるのは100%さくらです。 普通を装ってメッセージ送ってくるのも100%さくらです。課金しても無駄なのでインストールは絶対にやめて下さい。他にも優良マッチングアプリはあるので他を探して下さい。(被害総額約10000円

さくらばっかりです!みなさん!騙されないようにこのアプリはいれないようにしましょう!
niceone(ナイスワン)特商法表記
niceone(ナイスワン)特商法表記
対応OSAndroid
販売事業者株式会社リアルシティ
住所東京都港区港南3-9-33ベイクレストタワー19階
代表者佐藤 誠
連絡先info@niceone.life
インターネット異性紹介事業届記載なし
年齢確認なし

「niceone(ナイスワン)」の運営者情報をチェックだ。
販売事業者は「株式会社リアルシティ」という記載があるが、法人検索をしたところそんな会社は存在しなかった。
住所や代表者名などもデタラメだろう。
また、マッチングアプリの運営には必須と言えるインターネット異性紹介事業の届け出についても記載がなく、未成年の利用を抑止するための年齢確認も行っていない。
この時点で会えないアプリであるということが確定だ。

「niceone(ナイスワン)」の料金

niceone(ナイスワン)料金設定

「niceone(ナイスワン)」の利用料金を見てみよう。
1Gは10円で、トーク送信に22G必要だ。
つまりメッセージを1通送ると220円掛かるということだ。
メッセージ1通の値段としてはかなり高い。
優良なマッチングサービスであればメッセージ1通50円程なので、4、5倍の料金だ。
まさに悪質なアプリの分かりやすい特徴と言える。

「niceone(ナイスワン)」を実際に使用

niceone(ナイスワン)プロフィール

「niceone(ナイスワン)」を実際に使って検証した。
名前、年齢を設定し、他は特に設定していない。
そのまましばらく放置し、様子を見た。

niceone(ナイスワン)検証画面
niceone(ナイスワン)検証画面
niceone(ナイスワン)検証画面
niceone(ナイスワン)検証画面

顔写真も設定していない適当なプロフィールだが、それに対してメッセージを送る女性など普通はいない。
それにも関わらず積極的なメッセージで、完全にサクラを使っていると分かる。
このまま会話を続け、最終的に課金をさせる目的だ。
実在しないサクラと会話を続けるなど全くの無駄。
騙されてはいけない。

「niceone(ナイスワン)」のまとめ

「niceone(ナイスワン)」は絶対に使ってはいけない。
理由は以下の通りだ。

利用料金が高額
アプリの利用料金は、メッセージ1通の値段で比較するといい。
実際に会える優良サービスは、1通50円~70円程度が相場だ。
しかし、悪質アプリはその4倍から5倍の値段を平気で設定している。
更に多くの悪質アプリが「リミット解除」というものを用意しており、2万円から4万円を使えばメッセージを送り放題にできるとしている。
いかに簡単に金を儲けられるか、ということしか考えていない為、このような法外な価格設定になっている。
サクラを使っている
マッチングサービスで女性利用者を増やすためには、女性誌に掲載したり、街頭広告を活用するなど、クリーンなイメージを持たせて認知度を高める相当の企業努力が必要だ。
悪質なアプリはそんなことを一切せず、女性を装ったサクラを使っている。
実在する女性のフリをして会話をすれば、労せず利用者に課金をさせることができると考えているからだ。
その為、アプリに登録すると、ろくにプロフィールを設定もせず、何もしていなくても女性からメッセージが次々に届く。
どんなサービスでも通常女性からメッセージが来ることはほとんどない。
そのような女性は全てサクラだ。
しかもそのメッセージを送ってくるのはほぼ男性、いわゆるネカマだ。
サクラを使わなければ成り立たない、それが悪質なアプリの実態だ。
インターネット異性紹介事業の届け出をしていない
マッチングサービスを運営するには、 「出会い系サイト規制法」により、インターネット異性紹介事業の届け出及び認定が必須だ。
この法律には児童を犯罪や買春から保護する目的がある為、本当に安全なサービスを提供するなら届け出る必要がある。
しかし、悪質なアプリは会うことを目的としておらず、是が非でも会えないようにしている為、届け出を行っていない。
この届出表記の有無だけでも、会えるサービスか否かを判断することができる。
年齢確認を行っていない
マッチングサービスは18歳未満の利用を年齢確認により制限し、18歳以上であることを証明して始めて会うことが出来る。
健全なサービスを提供するために、利用者に年齢確認を行うのは当然のことだ。
だが悪質なアプリは年齢確認をしなくても利用できるようになっている。
なぜそんなことが可能かというと、実際には会えないからだ。
会わせないようにすれば、年齢確認をして18歳以上かどうかを調べなくてもいいというわけだ。

「niceone(ナイスワン)」はいかにも会えるかのように見せかけているが、全く誰とも会えない悪質なサクラアプリだった。
くれぐれもこんなゴミアプリをインストールして使わないように気を付けてもらいたい。
もしすでにインストールしてしまっていたなら、今すぐにアンインストールしてしまえ!

"本当に会える"サクラゼロの優良サービスランキング[PR]

「niceone(ナイスワン)」のような会えないアプリを使っても何の意味もない。
本当に会いたければ、サクラが全くいない安全なサービスを使うのが良いだろう。
以下は会いやすさ、機能性、評判などを基にしたランキングなので参考にしてほしい。
全て登録無料だ!
登録後は年齢確認まで行うことでサービスの機能をフルに活用でき、会える確率が格段に上がるぞ!

「niceone(ナイスワン)」のような悪質出会いアプリの特徴

ここは「niceone(ナイスワン)」のような悪質なアプリを叩いて晒し、撲滅を目指すサイトだ。

世の中には利用者を騙して金儲けをしようと考えている奴がたくさんいる。

その中でも「niceone(ナイスワン)」のような悪質な出会いアプリを作り、それを使って利益を得ようとしているバカ者共がかなり多い。

そいつらを見つけては中身を調べて情報を晒し、騙される利用者が少なくなるように注意喚起をしていこうと思っている。

このサイトでは出会い系を装った「niceone(ナイスワン)」のような悪質な出会いアプリは徹底的に、とことん叩き潰していくつもりだ。

「niceone(ナイスワン)」のような悪質な出会いアプリの情報に加えて実際に出会える優良なサービスの情報も載せているから是非チェックしてくれ!

「niceone(ナイスワン)」のような悪質な出会いアプリにはいくつかの特徴がある。

出会い系を装ってはいるが、よく見るとおかしな部分がたくさんあるので、これらを念頭に置いておくと、無駄な時間を使ってしまったり無意味に課金をしてしまうことを回避できるぞ。

そのよくある特徴を見ていこう。

運営者情報が適当

運営者情報は各アプリの特商法表記で確認することができる。

アプリによっては利用登録の前に確認することも出来たり、特商法表記以外のところに記載があったりするから隈なくチェックするといいだろう。

「niceone(ナイスワン)」のような悪質アプリの運営者情報は、とにかく内容が雑だ。

見れば見るほどツッコミどころ満載だぞ!

運営者が会社名ではないのは定番で、他にも住所がただの一軒家だったり広大な土地だったり、とにかくはっきりと分かるように記載したものはない。

まともなサービスを提供する運営なら、堂々とそのあたりは記載できるはずだからな。

ここだけチェックしても「niceone(ナイスワン)」のような大概の悪質アプリはふるいに掛けることが出来る。

利用規約に出会い系ではない旨を記載している

「niceone(ナイスワン)」のようなほとんどの悪質アプリでは、利用規約にはっきりと「出会い系ではない」という旨の記載がある。

記載方法としては、禁止事項を列挙し、その中の一つとして出会い・異性交際を目的とした行為を入れているパターンが多い。

中にはプライバシーポリシーなど利用規約以外の場所にさりげなく記載していることもある。

アプリ名やストアでの説明文には「出会い」を強調する文言が多用されているので一見出会いアプリかと思いがちだが、それらはフェイクで、よくよく見ると出会いアプリではないのだ。

利用規約をそこまでじっくり読み込んでからアプリを使うという人は実際にはあまりいないかもしれない。見てもさっと流すくらいだろう。

しかし、その辺を分かった上で利用規約などの文章量の多い場所に紛れ込ませているということだ。

利用者が文句を言っても、これはただのコミュニケーションアプリだよ、と言い逃れをするためにこのような記載をしているからまったく質が悪い。

利用規約も要チェックだ。

利用料金がやたらと高い

アプリの利用料金は、メッセージ1通の値段で比較するといい。

実際に出会える優良サービスは、1通50円~70円程度が相場だ。

しかし、「niceone(ナイスワン)」のような悪質出会いアプリはその4倍から5倍の値段を平気で設定している。

更に多くの悪質アプリが「リミット解除」というものを用意しており、2万円から3万円使えばメッセージを送り放題にできるとしている。

なんにせよとにかく高額で、いかに手っ取り早く金を儲けられるか、ということしか頭にないのでこんなアホみたいな価格設定になっている。

メッセージ1通が100円を超えていたら悪質と思っていい。

インターネット異性紹介事業の届出がない

出会い系サイトを運営するには、 出会い系サイト規制法により、インターネット異性紹介事業の届け出及び認定が必須だ。

この法律には児童を犯罪や買春から保護する目的がある為、本当に安全な出会いを提供するなら届けは必須だ。

しかし、「niceone(ナイスワン)」のような悪質出会いアプリはそもそも出会い系ではない、むしろ是が非でも出会えないようにしている為、届け出る必要がない。

この届出表記の有無だけでも、出会えるサービスか否かを判断することができる。

出会い系サイト規制法について

年齢確認がない

出会い系サイトや出会い系アプリは18歳未満の利用を禁止しており、年齢確認を行うことによって制限を掛ける必要がある。

健全なサービスを提供するために、利用者に年齢認証を行うのは当然のことだ。

だが「niceone(ナイスワン)」のような悪質なアプリは年齢確認をしなくても利用できるようになっている。

なぜそんなことが可能かというと、実際は出会えないようにしているからだ。

会わせないようにすれば、年齢確認をして18歳以上かどうか調べなくてもいいというわけだ。

ストアのレビューが不自然に高評価

レビュー評価は書こうと思えばいくらでも虚偽の内容を書けるものだ。

高評価のレビューをすればポイントがもらえるなどで操作する場合もあるが、大抵は偽のレビューだ。

世の中に全ての人間が納得できるようなサービスなどそうそう存在しない。

どんなに巨大サービスであろうが、賛否があって然るべきだからな。

あまりにも高評価が多く、内容も抽象的であれば、悪質アプリを疑ったほうがいい。

登録しただけで女性からメッセージが大量に届く

出会いサービスを実際の女性に利用してもらうのはなかなか大変だ。

利用者を増やすために女性誌に多く掲載したり、街頭広告を活用するなど、クリーンなイメージを持たせて認知度を高くするには相当の企業努力が必要だからだ。

現在の優良出会いサービスはそのような苦難を乗り越えてきたいわば歴戦の強者達だ。

そんな中で、ぽっと出の出会い風アプリが簡単に女性利用者を集められるか?

答えはNOだ。

ではどうしているのかというと、それがサクラを使ったやり口だ。

「niceone(ナイスワン)」のような悪質アプリ業者は実在の女性のフリをして会話を続ければ、課金をさせることができると考えている。

そのため、そんなゴミアプリに登録すると、何もせずとも勝手に女性からメッセージがじゃんじゃん届く。

近頃は積極的な女性が多くなったのかな、と思って騙されてはいけない。

よく考えてみろ。自分がもし女性の立場なら顔も性格も何も分からないような男性にアプローチしたいと思うか?

「niceone(ナイスワン)」のような悪質アプリを作ったアホ共は数打てばなんとかなると思っているので、しつこくあからさまに誘う架空の女性を作ってメッセージを大量に送り付けてくるぞ!

出会い系アプリを検索していると、やれサクラがいるだの業者だらけだのといった言葉をよく目にすることだろう。

サクラと業者は似ているが違うものだ。

実際にどのような違いがあるのか、具体的に説明しよう。

サクラとは

サクラとは利益を得るために運営側が用意したもので、出会い系アプリでは主に女性を装い、男性ユーザーを誘うことで、アプリを利用するのに必要なポイントを買わせる行為だ。

女性から積極的にアプローチすることで、男性側に出会えると錯覚させ課金を促すというもので、「niceone(ナイスワン)」のような悪質なアプリではほとんどこの手法を用いている。

業者とは

業者とは、アプリ内に潜入し、業者が運営するサイトやアプリに誘導することで利益を得ようとしている運営とは関係ない第三者のことだ。

出会い系アプリにおいてもやはり女性を装い、ラインIDやURLなどをメッセージで送ることで男性ユーザーを別のサイトやアプリに誘い、そこで料金を支払わせるなどの行為を行っている。

またデリヘル業者が素人女性を装って集客するために利用していることもある。

サクラの特徴

サクラの主な特徴は以下の通りだ。

  • プロフィール写真が美人ばかり
  • 女性からアプローチがある
  • アダルトな内容が多い
  • すぐに会おうと言ってくる

明らかに一般的に美人や可愛いと言われる女性のプロフィール画像で男性を釣ろうとする。

画像はインスタやツイッターなどのSNSから拾ってきたものがほとんどだ。

また、必ずと言っていいほど女性側からメッセージが送られてきて、すぐに会おうとしたり、下ネタ全開で男性を誘うのが特徴だ。

こちらからメッセージを送信するにはポイントが必要なので、それを購入させるために無駄な会話を延々と続けられるぞ。

業者の特徴

業者もサクラと酷似しているが、別のサイトやアプリに誘導することが目的だったり、デリヘル業者なので、上記に加えてすぐにラインIDなどを送ってくるのが特徴だ。

ちなみにデリヘル業者の場合実際に会うことは可能ではあるが、高額で質の悪い風俗であることがほとんどなので、危険度を考えると避けたほうが賢明だ。

まとめ

サクラにせよ業者にせよ、そこでやり取りしている相手は架空の人物であると認識しておけば良いだろう。

また、冷静に見れば特徴だらけなので、見分けるのもそれほど難しくはない。

サクラや業者に騙されないように気を付けてほしい。

ちなみに優良な大手サイトであればサクラは存在しない。偽の女性を作らずとも多くの女性利用者がいるからだ。

業者についてはサイト側で可能な限り排除に努めているものの、残念ながら完全にいないとは言えないので、上記の特徴を参考にしてくれ!

サクラとは一体何なのか、何の為に存在するのか、騙されないようにするにはどうすれば良いのか説明しよう。

「niceone(ナイスワン)」のような出会い系のサクラとは一体何なのか

そもそもサクラというのは、人を雇って販売店などが人気があるように行列を作らせたり、パチンコ店で出玉が良く繁盛して見えるように高設定の台を打たせたりするもので、いわゆる偽の客、仕込みだ。

「niceone(ナイスワン)」のような出会い系アプリにおけるサクラは、ユーザーとメッセージをやり取りする為に運営が設定した実在しない架空の人物の事を指す。

メッセージを作成して送っているのはほとんどが男で、あらかじめ決められた文章を自動的に返信するような設定にしているものもある。

何にせよ実在しない相手の為会うことは絶対に不可能だ。

「niceone(ナイスワン)」のような出会い系のサクラの目的とは

なぜそんなものを使う必要があるのか。

答えはユーザに課金させるためだ。

普通に女性が登録していればいいのでは?と思うかもしれないが、「niceone(ナイスワン)」のような出会い系アプリに女性を登録させようと思うと、宣伝費などプロモーションにかなりの労力が必要だ。

10年20年やっている大手出会い系ならともかく、ぽっと出のその辺のアプリにそんな集客力はない。

そこで手っ取り早く金を稼ごうと考える「niceone(ナイスワン)」のような悪質なアプリ業者は、女性のキャラクターを量産し、それを使って男性とやり取りし、ポイントを消費させ課金まで持っていこうとする。

まんまと騙されてしまうと、会えもしないのにただただ金をそのアプリに寄付することになる。

「niceone(ナイスワン)」のような出会い系のサクラの特徴とは

では一体どんな特徴がサクラにはあるのか、簡単に説明しよう。

プロフィールの見た目が良い

男性の目を引くために、プロフィールの女性は一般的に美人、可愛いとされる写真を使っている。

美人が全てサクラというわけではないが、これ見よがしに盛れまくっていたりセクシーな写真をプロフィールに使っている場合、高確率でサクラと言える。

これらの画像はSNSなどにアップしたものを勝手に使われており、いわばこの女性たちも被害者だ。

画像の一例

こんな写真には要注意だ!

メールの内容が積極的

とにかく男性に興味があるかのようなメッセージ内容が多く、積極的なアプローチをかなり早い段階でしてくる。

こちらがプロフィール画像を設定していなくても、「ひとめぼれです」「かっこいいですね」とかいうアホなメッセージも多々ある。

男性ユーザーをその気にさせることで、ポイントをどんどん使わせて課金させようとしている。

メッセージの一例

いきなり写真を送りつけてきたり、こちらが無視していてもお構いなしにメッセージを連投、アダルトな内容やすぐに会おうと言ってくるなど、普通に考えたらあり得ないことを平気でやってくるのがサクラの特徴だ。

はっきり言おう。

そんな女は存在しない。

まとめ

「niceone(ナイスワン)」のような出会い系のサクラはとにかく美人で積極的だ。

男性ユーザーに何とかして金を払わせようと、必死こいてメッセージを送ってくる。

しかもそんなメッセージを送ってくる相手はほぼ男だと思っていい。

想像しただけで気持ち悪いだろう?

そんなものに時間と金を使うのは全くの無駄だ。

サクラには騙されないように気を付けてもらいたい。

また、そんなサクラだらけの「niceone(ナイスワン)」のようなアプリなど使わないように注意してほしい!

優良なサービスの条件とは

実際に会えるサービスとはどういったものなのか。
見極める方法を紹介する。

サクラがいない

サクラとは運営側があたかも実在する女性のように振る舞い、男性ユーザーを騙すことにより利益を得ようとする行為だ。
そんなサクラは優良サービスには全く存在しない。
女性登録者が十分すぎるほどいる為、そんなものに頼りユーザーを欺く必要がないわけだ。

利用料金が適正

優良なサービスのメッセージ1通の相場は50円~70円程。
人によっては高く感じるかもしれないが、これは妥当な値段設定だ。
安すぎても真剣度が薄れ、高すぎても挫折してしまう為、程良い設定と言える。

運営年数が長い

運営年数の長さは、そのままそのサイトの信頼度を表していると考えていいだろう。
まともな運営でなければ、取り締まられたり、サービスを停止させられてしまうからな。
運営年数は各サービスの公式サイトで確認することができるぞ。

サポートが充実している

ユーザーからの疑問や問い合わせに対して、電話やメールで常にサポートしているかどうかも重要だ。
より使いやすく、便利なサービスにしようとするのがまともな運営会社だ。

監視体制が整っている

不審なユーザーや悪質業者を排除する動きも、優良サービスであればしっかりと行っている。
24時間365日体制で、ユーザーを守っているぞ。

セキュリティが強化されている

優良サイトは個人情報の保護も徹底している。 ユーザーのプライバシーを保護するのは企業としては当然のことだが、悪質サイト業者はそういったことも信用できないからな。

「出会い系サイト規制法」に則っている

安全に会える場を提供する為、優良なサイトは必ず「出会い系サイト規制法」に則り運営を行っている。
インターネット異性紹介事業の届け出及び認定済みであること、年齢認証を行って18歳未満の利用を制限することは、サイトを運営する上で必須条件だ。

タイトルとURLをコピーしました